ファンタスティック街道

ドイツ南西部、バーデン・ヴュルテンベルク州を縦断する、ヴァインハイムからコンスタンツまでの約400kmにわたる街道。「観光街道」に指定されています。また、ドイツ7街道の1つです。

「ファンタスティックなドイツ」を感じられる街道として人気があります。

 

ヴァインハイム→ハイデルベルク→シュトゥットガルト→テュービンゲン→コンスタンツ

※ハイデルベルクで古城街道と交差しています。

 

ファンタスティック街道の見所は、シュヴァルツヴァルト(黒い森)、ボーデン湖、カルフ、バーデン=バーデン、シュトゥットガルト、ホーエンツォレルン城、テュービンゲン、メーアスブルクなどです。

プライベートツアーでは歴史と自然を満喫できます。

ヴァインハイム Weinheim

ヴィンデック城趾
ヴィンデック城趾

ハイデルベルクの北約18km、マンハイムの北東約15kmのベルクシュトラーセ沿いに位置する街。ライン=ネッカー郡最大の都市です。ヴァインハイム(Weinheim)は、「ワイン(Wein)」からではなく、この地方を開墾した人々「ヴィーノ(Wino)の家(Heim)」に由来しています。

 

「ヴィンデック城趾」と「ヴァッヒェンブルク城趾」とがあることから『2つの城の都市』とも呼ばれています。

ヴァッヒェンブルク城
ヴァッヒェンブルク城

2つの城址のほかにも興味深い建造物が色々あります。

1557年建造の旧市役所、マルクトの泉、17世紀初頭のレーヴェン薬局、1731年建造の市教会、1911年建造の聖ラウレンティウス教会、1912年建造のペーター教会、1957年建造のマルクス教会など。

 

1537年建造のプファルツ選帝侯の城館「ヴァインハイム城」は現在市役所に使われており、1710年建造のドイツ騎士団庁舎は市立博物館に利用されています。

ハイデルベルク Heidelberg

アルテ・ブリュッケ越しに見えるハイデルベルク城
アルテ・ブリュッケ越しに見えるハイデルベルク城

山上の古城とその下に広がる城下町が際立つ街「ハイデルベルク」は中世の雰囲気が色濃く漂っています。

 

赤い屋根が美しい街並み、青いネッカー川に流麗なアーチの影を映しているカール・テオドール橋(アルテ・ブリュッケ)。橋の麓から山に向かって続く道の先には学生たちが思索に耽ったという「哲学者の道」があり、ハイデルベルクは学園都市でもあります。

アルテ・ブリュッケの門塔
アルテ・ブリュッケの門塔

 

アルテ・ブリュッケ(古い橋)の公式名称は「カール=テオドール橋」です。

 

この石造りの橋はドイツで最も古い橋の1つで、第二次世界大戦の末期、進軍してくる連合国軍を阻止するために国防軍によって爆破されましたが、1947年に完全復元。

 

橋のすぐ傍にはサルの像。サルが手に持っている金色の鏡を触るとお金持ちになれるという言い伝えがあります。

ハイデルベルク城
ハイデルベルク城

ドイツ三大名城の1つの「ハイデルベルク城」

(あと2つは「ノイシュヴァンシュタイン城」と「ホーエンツォレルン城」)

 

プファルツ継承戦争(大同盟戦争 1688-1697)で破壊されるまでプファルツ選帝侯の居城でした。1689年、ルイ14世の軍によって破壊され1693年に一部だけ修復された城趾の崩壊感に圧倒されます。城内には世界一の酒樽があります。

シュトゥットガルト Stuttgart

旧宮殿
旧宮殿

準備中です。

 

ホーエンツォレルン城

テュービンゲン

コンスタンツ